youtuberって一体どんな事してるの?youtuberの裏側秘話

よくyoutuberって言葉を耳にするようになったと思いますが、youtuberの実情って皆さんご存知ですか?
はっきり言います。職業としては正直「ブラック」です。
しかし、表向きは華やかだし得るものも大きいので、外側から見てると妬みや嫉妬の要因になるような職業でもあります。
ただ、youtuberと言う職業にはからくりがあり、それを乗り越えれば素敵な職業へと変貌します。
いわゆる、出世魚的な職業です。
そんなyoutuberの裏側秘話を私の経験を元にお話して行きましょう。

youtuberを軽く語ってみる・・・


私がyoutubeで稼げるようになるまでの葛藤をブログに綴りたかったなと今では思いますが、本当にあの時は辛くて苦しくて大変でした。

youtubeは職業として取り組むと必ず沼にはまります。
それはなぜかと言うと、youtube活動にゴールが無いからです。
動画を作り、そしてまたスタートに戻って動画を作る。ただそれの繰り返しでその積み重ねが収入と言う形で来るからです。

しかし収入として後からついてくる為には、登録者、再生数、再生時間、知名度、人気など色々な要素が必要となってきます。
その為、その条件を全部クリアして行く為には本当に莫大な時間が必要となってきます。
動画を出せばいきなり成功する訳では無いので、本当に己との戦いみたいな状況になります。

更に言うと、自分の悩みを理解出来る人が周りに居ないと言う事です。
youtubeなんて片手間で出来ると思っている人が多く、簡単に稼げると誤解してる人がとにかく多いです。
はっきり言います。
片手間でも簡単にも稼げません。
センスとスキルと努力と企画力と構成力と人気と分析力が必要な仕事です。

全部が必要では無いですが、多分殆どの人が全部の能力を備えていると思います。
その中でも、時代やトレンドの流れを読む力はダントツに必要です。
そんな能力を備えた人達がyoutuberとしてトップグループに君臨している訳です。

知らない、分からない、理解出来ない事が次々起こり、手探りで進んで行かないといけない、そんな状況が最初は続きます。
勿論youtubeで成功している人が近くに居る人はある意味勝ち組と言っても過言ではありません。
勝ち負けの問題では無いですが、それだけでマラソンで言うなら招待選手並の扱いでスタートラインに立てます。
それくらい恵まれた事なのです。
基本的に駆け出しのクリエイター郡にいる人達は、1から学び経験を積んでやっとyoutubeがどうなのかと言う事が分かってきます。
それくらい情報がなく、駆け出しのクリエイターは色んな事を悩みながら動画を作っています

youtuberステータス:駆け出しクリエイター その頃のお話

youtuberクリエイターとして駆け出しの頃の語れなかった出来事を少し書いてみようと思います。

youtubeに動画を投稿しようと思うちょっと前まで私はブロガーでした。
子供の成長を日記形式に面白おかしく綴っては、同じ悩みを抱えるママさんたちと交流をしていました。
しかし、子供の成長と共に忙しくなりブログ活動も細切れ状態になり、最後には殆ど更新が出来なくなってしまいました。
ちょうどその頃子供が動画をやりたいと言い出したのです。

動画編集なんてやった事ないし、ましては人気動画を作るなんて全く想像出来ないし、youtubeなんて無理無理と最初は思っていたのですが、ある時ふとブログで成長記録を綴るのも、動画で成長記録として投稿するのも余り変わらないな。と思い、youtubeを始めようと決意します。

しかし、その頃子供はよくyoutubeを見てましたが私は一切みた事もなく、youtubeはコピーされた著作権違反の動画しか無い場所くらいに思ってました。
そんな意識からのスタートです。
舐めてると言うよりは、無知が故に飛び込めたと言うのが正しい表現だと思います。
そんな私が実際に投稿するまでには長い道のりが始まります。

まずはyoutubeに投稿するとは一体なんなのか?
怪しい情報商材のサイトやら、ありきたりの情報しか載せてないまとめサイト、正直何の実にもならないようなサイトまで色々読み漁り、たどり着いたのが当時横行してたyoutube動画2chまとめの文字動画を説明しているサイトでした。
しかし内容はさておき、youtubeの仕組みが惜しげもなく書かれていたのでそれを元に始めてみました。
勿論情報商材は一切購入してませんよ。

現在文字だけの動画は殆どが削除され、収益化も出来ないような状態になっています。
たまに見かけますがニュース的な物が多く、当時流行ってた動画は姿を消しています。

当時編集ソフトも持ってないのでWindowsの無料ソフトで編集してみました。
そんな簡易的な動画ですが、案外簡単に作る事が出来たので試しに投稿する事にします。
それから、色々と試しつつ動画を複数アップしてみました。
再生数が3桁行けば良い方と言う状況です。
そんなスタートでした。
とりあえず最初はそんなもんだと思って、どんどん動画を作りますがなんせyoutubeの動画を全く分かってないので、再生されるはずもなく、関連動画にすら載らない日々が続きます。
そこで始めてyoutubeの動画と言うものは一体何なのか、そこからリサーチが始まります。

ただ問題なのが動画を作る際の予算です。
お金をかければいくらでも良い動画は撮影出来ますが、ただの主婦なので限られた予算の中で作るしかありません。
そこで簡単に出来る物を探し出し動画を作ってみました。

以前作ったものよりは再生数が上がったものの大きな成長は全く見込めず、悩む日々が始まります。
当時はまだ収益化はアドセンスの許可が降りれば誰でも収益化出来たので、少ない再生数でも微々たる金額が付きます。
コツコツやるしか無いねって思いながら動画作りをしてました。

人の動画を真似するなんて恥ずかしい事だと当時は思っていたので、再生される動画から学ぶ事をせず、我流で色々やり始めて遠回りし始めたのはこの頃です。
本当に今思えばかなり遠回りしたなぁと思います。
もっと答えをしっかりと探して見つけ出さなくてはならなかったのに、そこが経験が浅い人が故の行動だったんでしょうね。
何をやっても結果が出ず、時間だけがどんどん過ぎて行き行き詰まってしまったある日、某大手事務所の存在を知りそこに応募してみる事にしました。

そこから少しづつですが前に進んだように思えました。

youtubeの動画作りの悩み(初期編)

チャンネルを作りある程度投稿数も増えた頃、全くと言っていいほど再生数も登録者も増えずかなりのスランプに陥ってました。
一体何が駄目なのかすら答えが見つからず、悶々としていた状態でした。
何が駄目なのかが分からないって言うのは、自分の動画が完璧だと思っていた訳ではなく、youtubeの動画を知らない為にどこをどう手直しして良いのか分からない八方塞がりな状態だったと言う感じです。

正直言うとyoutube動画を見てない私にとって、他の人の動画を見ても自分の動画と何が違うのかすら分からないと言う状態で、違いや差に気づけ無いと言った方が適切なのかもしれません。
「再生されている人の動画を参考にする」と言われても、何をどう参考にして自分の動画のどこに加えていけばいいのか分からず、とにかく1つづつ解決していくしか無いと言う、そんな状態でした。

かと言ってネットで調べてもyoutubeの動画の作り方なんて無いですし、個性や伝えたい事も違うので正解がない世界なのに必死で正解を追い求めていたと言う感じです。
本当にこの頃は、学校で言うなら教えて貰ってないのに上級生の問題を解け!と言われているようなそういう精神状態です。
何もかもが分からないのに答えもないので何をどうしていいのか分からない。ずっと暗いトンネルの中を歩いてるそんな気分でした。

一番苦しんだ事はこの苦しいと言う気持ちを誰にも相談出来ないと言う事です。
例えば子育てでも悩んだり苦しんだりすれば大抵の答えはネットに落ちてたり、質問サイトで質問したり、同じ子育てで悩んでる人のブログを見たりと結構答えがネットに落ちてる事が多いですが、youtubeは違います。
全くと言っていいほど悩んでいる事についての答えが出てきません。
仮に少し自分の悩みに近い事が書かれていても、怪しい情報商材の釣り文句だったりします。
その為、本当に苦しみました。
ここでこういう時も上手く精神状態をコントロール出来る方はいいのですが、私は妙に凝り固まっていた考え方をしてたのでそういう事が出来なくずっと悶々と悩み、ストレスだけが溜まっていくそんな精神状態でした。

一緒に悩みを解決していける人がいればいいのですが、周りにyoutuberも居ないですし、アドバイスくれる人もいません。
寧ろ、アドバイス出来る人が居ないと言った方が正解に近いですね。

正直youtubeに答えはありません。
ただ、成功してる人は一定数居ます。と言う事はどこかに成功出来る道は必ずあるはずなんです。
それをひたすら手探りで探すしかないのが初期の頃の状態です。

これからyoutubeを始めたいと思っている人へ

youtubeを始めたい人へアドバイスをするとしたら、youtubeの事を隅から隅まである程度知識を持っておく事は重要です。
とにかくyoutubeを知らずにyoutubeを始める事は一番危険です。
と言うのも、例えば私に「youtubeを始めたいのですがどうしていいのか分かりません」と言う相談が来たとします。
私が丁寧に教えたとしても、私の言ってる事がしっかりと落ちてこないと意味がありません。
話が通じるか通じないか。そこなんです。
理解したつもりでうなずきながら聞いてますが、多分理解出来てないと思います。
そこなんです!重要なのは
youtubeをある程度知り尽くしている人は説明しても飲み込みも早く、それを直ぐに実践に移せます
理解出来てない人は結局意味が分からないので動けないんです。
必ずyoutubeを始める前にyoutubeをある程度知って下さい。

私はキッズチャンネルが主に活動の場だったのでキッズチャンネルで例をあげるとしたら、キッズチャンネルを始めたいと思ったら、キッズチャンネルをある程度のチャンネルの事は言えるようにして下さい。
あのチャンネルのどの動画が良い、個人的には好き、ああいうチャンネルになりたい。そういうイメージを頭で描けるようになったらスタートラインに立てると思って欲しいです。

これはキッズだけじゃなく、どのジャンルにも言える事ですがとにかく時間の許す限りyoutubeの動画を見るのが一番の早道です。
youtubeクイズ大会があれば優勝出来るだけの知識を付けてから始めた方がいいと思います。
そうじゃないと正解の無い世界に無知で飛び込むと答えが出ないまま去る事になるからです。

先輩youtuberにアドバイス頂けるチャンスがあっても、そのチャンスを生かせないのは知識が少ないからなんです。
私は本当にそれで損してきたこといっぱいあります。
なんかズレた質問をしたりして、本質が分かってないだけに質問がズレるんです。
やりながら覚えていけば良いと言いますが、多分やりながらでも結果が出ないので覚える知識も増えません。
なので、沢山の動画を見て下さい。
先輩youtuberの動画を沢山見て、自分のチャンネルのイメージをまずはあふれるくらい頭の中で描いて下さい。
それがyoutubeで成功していけるスタートラインに立てる最初の条件です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました