youtubeチャンネル開設初期の頃の悩み(解決編)

何事も始めた頃は、自分の思い通りに進まない葛藤や、想像していた事とは全然違う角度からの問題勃発や、想像もしてなかった事件など、様々な事が身に降り掛かってくるものですが、皆さんはどうやってそこを乗り越えましたか?
目の前にはばかる壁をどのようにして乗り越えていけるのか?は結構重要なスキルのなって来ます。
この問題や事件をネガティブに捉え、落ち込むタイプですか?
それともポジティブに捉え、ぶち当たって大怪我覚悟でぶつかるタイプですか?

youtubeを運営していく中で、問題、事件は切っても切り離せないイベントです。
そこをどうやって乗り越えていくのか!そこはこれから始める方にもとても重要な体験話となると思うので、今回はチャンネル開設初期の頃の悩みをどうやって解決していったのかをお話していきたいと思います。

最初にぶち当たる悩み、問題、事件とは・・・

まず、だいたいの創設初期チャンネルの問題と悩みは、再生数と登録者が伸びない。そこに尽きると思います。
私も最初はめちゃくちゃ大きな壁ですし、今でも解決されているのかと言うとまだまだ奥が深く掴みきれていません。
ただ言える事は、ある一定の期間、一定の登録者数になると突然はずみがつくようになります。
これは周りに居る貴重な同じ仲間のyoutuberの方も共通して同じ事を言っていました。
なので、解決出来ない問題でもありませんがそこに行くまでがとても大変です。
簡単には伸びない部分ではあるので、皆さん頭を抱えて悩んでいる部分だと思います。

私も同じ頃始めたチャンネルさんが伸びていくのを見て、一体何が違うのかと考えた事もありました。
しかし、結局の所「個性」や「チャンネルの色」と言う曖昧な答えでしか差が思いつきません。
編集の腕。それもあるとは思いますが、編集が明らかに足りてないけど人気チャンネルさんは沢山ありますし、どうも編集の力だけではないとこの頃は思っていました。
いや、実際にはそうなんです。勿論編集は綺麗にしっかりとした方がいいです。これは言えます。
ただ、それだけに固執する必要は無いと言う感じです。

次に、突然の海外の方の訪問。
これはyoutubeがグローバルだと最初は喜んでいましたが、段々それが余りにも増殖してしまいコメント欄が外国の言葉であふれかえるようになりました。
本当にウィルスのように増えてきます。
最初コメントして貰える事が嬉しくて相手のチャンネルに行きコメントを返したり、更にそこでコメントしている人達はどんな事をやってるのかとリンクからリンクへと飛び色々な動画を見る事にしました。
そこが多少良かったのか、youtubeの動画がある程度うっすらと見えてきた所でもあります。
ただそれを真似出来るのかと言うと、まだ真似する事は出来ませんでした。

ある日日本人の視聴者さんが「コメント欄が外国語で埋まってるからコメントしずらい」と言うコメントを頂きました。
そうなんです。日本人相手にしているチャンネルなのに視聴者は外国人で溢れかえった動画に日本人の視聴者はコメントしずらいんです。

そこで始めて「スパム」と言う事を覚えました。
そうなんです。私は外国語が苦手なので必死で翻訳機にコピーしては翻訳し、そして日本語を外国語に変換してはコメントを返していました。
そう!スパム相手に丁寧に返事を書いていたんです。
視聴者だから大切にしなくちゃ!と言う妙な使命感から一人ひとりを大切にしなくちゃ駄目だわ!!と思いながら返事してました。
ここで問題が勃発です。
「スパム」相手に返事をする。
相手のチャンネルへ訪問してコメントする。
コメントを翻訳機にかけて、返事を翻訳し直して返事する。

この作業はとてつもなく時間を無駄にしています。
ただでさえ編集は時間を食われるのに、このとてつもなく増え続ける海外のスパムに丁寧に相手をしているとそれだけで1日が終わってしまいます。
ここで一気に作業効率が悪くなってしまいました。

次の問題は「アンチ」です。
基本的にアンチコメントは余り多い方ではなかったのですが、突然意味も分からない攻撃に会います。
動画関係ないただ他人を傷つけたいだけのコメントです。
子供達はyoutubeをやりたいと言う事で、成長記録の一環で始めただけなので子供達が攻撃されるのは子供達にとってとても可愛そうな事です。
親の私に向かってコメントされるならまだ分かるのですが、全く関係のない子供達に物凄い悪意のあるコメントが来ます。
そのコメントに傷つけられたり、ムカついたり、悲しんだりしてました。
こういう人を攻撃し傷つける事によって自分の鬱憤を晴らす人や、妬みや嫉妬で攻撃的になる人が殆どなのですが、普段そのような言葉を浴びる事のない生活をしている人達にとってはこの「アンチコメント」はかなり衝撃的な事件となります。

ブログでは顔を隠し、首から下の画像しか載せてませんでしたが、youtubeは完全に顔を出して動画を作っているので色々子供達への安全の不安は沢山あります。
あだ名で活動しようかとも思ったのですがまだまだ小さい幼児なので慣れない名前では活動も出来ず、ある程度個人情報を出さなくてはなりません。
そこのリスクもしっかりと考えて動画作りをしないと駄目だとアンチコメントを見て思いました。

このように、経験しないと分からない問題や事件が次々と起こりだします。
それでは次の章ではどうやってその問題を解決していったのかを書きたいと思います。

初期の頃の問題はこのように解決していった!

それでは問題解決編です。
問題をどうやって解決していき、どうやって乗り越えていったのか?
そこを話していきたいと思います。

スパム対策
基本的に海外方のコメントは純粋に動画を見てません。
中には本当に見てくれてる人もいますが、大抵は自分のチャンネルを大きくする為に利用しようと近づいている人が多いです。
その証拠に
・コメントが絵文字だけ
・毎回同じ文言
・動画の内容とは関係ないコメント
・やたらと自分のチャンネルや動画を宣伝してくる

ざっと箇条書きにするとこんな感じです。
こういうコメントは基本無視で大丈夫です。
コメント数が多い方が良いと言う噂もありますが、スパムコメントでコメント数増やしても余り意味がないので、海外のこういったコメントはブロックしても問題ないでしょう。

一つ一つチェック出来ない場合は、youtubeの設定の中にコメントについての設定があります。
基本的には、公開したコメント、保留コメント、ブロックしたコメントの3つがあり、スパムの可能性のあるコメントは保留かブロックの中に入っている事が多いです。
そのまま承認せず放置しておけば勝手に消えて行くので、そういう対策もありだと思います。

私の場合は、コメントを全部承認制にした所圧倒的にスパムコメントを弾く事が出来ました。
中にはコメント保留の中に紛れ込みますが、承認しなければ表示されないので問題ありません。
どんどんコメントを削除していきスッキリとしたコメント欄を心がけた方がいいです。

アンチ対策
アンチについてはなかなか根が深い部分もありますが、多少緩和されるのでこの方法を使うのが一番簡単な方法だと思います。
人気チャンネルさんになるとコメント数が驚く程多いので難しいのかもしれないですが、初期の頃はまだそんなに大量に来る事は無いので、この対策である程度は賄えると思います。

方法としては「NGワードの登録」に来たアンチコメントの悪い部分を片っ端から登録していけば次同じ内容のコメントは弾かれるようになります。
例えば「うざい」とか「バカ」とか「キモイ」とかは定番のアンチコメントなので予め登録しておくのも手だと思います。
カタカナ、ひらがな両方、あとは伏せ字「○カ」とか「き○い」とかこういう感じで書き込んでくる人もいるので、こういうことも予想して登録しておくとより安心してコメント欄を管理する事ができるので、オススメです。

基本的にはアンチコメントが来やすい動画を作らないと言うのが一番ですが何に噛み付いてくるのかは予想出来ないので、少しでも気持ちよく投稿出来るように対策をとっておいた方が良いと思います。

現在ではキッズチャンネルのコメント欄が閉鎖されているチャンネルさんが多いと思います。
このまま閉鎖されたままなのか、今後様子をみながら閉鎖が解除されるのかは分からないので、対策だけはやっておいた方が良いと思います。
いつどこで何が起きるのか分からないのがyoutubeです。
対策は怠らないに越したことはありません。

次に再生数アップと、登録者を増やす方法については色々とやらないといけない事が多いので、今回はさらっと軽く書きたいと思います。

youtubeに投稿した動画の再生数アップとチャンネル登録者の増やし方

もうこれは誰もが知りたい情報だと思います。
私も知りたいです。
ただ実際に自分が動画を投稿し、チャンネル登録者が30万人超えをした経験の中だけでお話するとしたら、これは半分は「運」です。
しかし、その運を上手く引き寄せる方法と言うかテクニックはあると思います。
ただ思った通りになるとは限らないですし、思い通りにならない事の方が多いです。
でもやらないよりはやった方が格段に良いのでやってみる価値はあると思います。

まず再生される為に必要な事を軽く話ます。
動画を再生される為に必要な事ってなんだと思いますか?
動画の内容?
編集のこだわり?
出ている人物?
色々考えられる要素はありますが、答えは「クリックして貰えるサムネイル」です。
まずは動画を見てもらう為には、サムネイルをクリックしてもらうところから始めなければなりません。
対策としてはクリックして貰えるように工夫していかないと駄目です。

私も初期の頃よく言われた事が「サムネイルには時間をかけましょう」と言う事です。
最初はこの意味が全く分からなかったのですが、ある日動画が再生されるようになってからこの重要性を肌で感じています。
ただサムネイルと言っても奥が深く、目につくインパクトのあるサムネイルを作らなくてはなりませんが、動画の内容から遠く離れた全く関係のないサムネイルを作るのはNGです。
動画の内容から外れないようにちゃんと動画の内容にあわせたサムネイルを作って下さい。

次に再生されている人の関連動画に掲載されるように工夫する。
これは未だに分からないですが、ある程度法則はあるようです。
その法則に従ってよりチャンスを増やすと言うイメージで取り組んで下さい。

初期の方がよくやりがちな行動ですが、再生されている動画のタイトルをそのまま真似して入れたり、タグを大量に詰め込んだりしている方が多いですが、今までの様子を見たり、再生されている方の動画を見る限りでは余り関係はなさそうです。
勿論文字でフィルタリングはyoutubeの方でもやってますがそれが関連動画掲載に直結してるようには感じませんでした。
試しに再生されている方の動画のタイトルを入れて様子を見てみて下さい。
多分再生数は上がってこないと思います。
私も手探りで色々と試していた頃はよくやってましたが、効果がないと言う結論に至りました。

タイトルやタグはどちらかと言うと、動画内検索に使われる要素だと思います。
勿論魅力的なタイトルは大事ではありますが、タイトルやタグが関連動画に関係しているのかと言うと、余り期待は出来ないと思っておいた方が良いと思います。

youtubeチャンネル初期の悩み解決編まとめ

正直これをやれば、必ずこうなると言う方法はyoutubeにはありません。
あれば独り占めして私がトップに君臨します。
しかしそれが出来てないと言う事は、やはりテクニックや法則は存在しないと言う事です。
あくまで、こうした方がより可能性が高くなるよと言うレベルでのお話になります。
なのでよくある「これをやって再生数が伸びた」とか「たった1週間でyoutubeで生活出来るレベルの収入が手に入った」みたいな情報には騙されないで下さい。
無理です、はっきり言って。それは不可能な話です。
再生数については色々な条件が上手く作用して伸びていくと言う構図が出来ています。
なので、安直な情報には絶対に騙されないで下さい。

皆さん必ず最初に壁にぶち当たります。
しかし、その解決方法はyoutubeの中にしかありません。
壁にぶつかった時は普段以上にyoutubeの動画を見るのが一番の最速の解決法です。
そこから必ずなにか「気づき」や「発見」、「新しいインスピレーション」が生まれてきます。
それが問題解決の糸口となりますので、何かに迷ったり悩んだりした時は成功しているチャンネルさんの動画を隅々まで見て下さい。
そこには何かしらの法則や人気の秘密が隠されています。

簡単にテクニックは手に入らないと思って下さい。
仮にこうやったと先輩youtuberの話を聞いて実践したとしてもそれが貴方のチャンネルに効果的かどうかは分かりません。
答えが1つではないので、このチャンネルでは効果があったけど、このチャンネルでは効果がないなんて事はザラにあります。
なので、まずはyoutubeを知る事から始めて下さい。
私はyoutubeを知らなかった為に遠回りしました。
youtubeをしっかりと理解すればある程度の答えは見えてきますので、是非ともyoutubeを深く理解して取り組んで貰えればいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました